H-2Bロケット「こうのとり」7号機、23日に打ち上げ

三菱重工業宇宙航空研究開発機構JAXA)は20日、天候悪化が予想されるとして、22日に予定していた無人補給機「こうのとり」7号機を搭載したH2Bロケット7号機の打ち上げを23日午前2時52分ごろに延期すると発表した
             (略)
H2B・7号機は当初、11日に打ち上げ予定だったが、天候悪化で2回延期。15日の打ち上げ予定も、直前の点検で第2段ロケットエンジンの液体酸素タンクのバルブに異常が見つかり、22日に延期されていた
引用元:【電子版】JAXA、「こうのとり」7号機 23日に延期 不具合バルブ交換も天候悪化で | 科学技術・大学 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

 関連記事
H2B こうのとり7号打ち上げ延期 - 雪風
H-IIBロケット「こうのとり」7号機 9月15日に打ち上げ予定 - 雪風

続きを読む

安倍首相、南シナ海の潜水艦訓練は15年前から実施している

安倍晋三首相は17日夜のテレビ朝日番組で、海上自衛隊の潜水艦が南シナ海で訓練を実施したことについて「実は15年前から行っている。昨年も一昨年も行っている」と明らかにした。中国は南シナ海で一方的な軍事拠点化を強行しているが、首相は「自衛隊の練度を向上させるものであり、特定の国を想定したものではない」とも述べた。
              (略)
自衛隊は17日、南シナ海で海自潜水艦が訓練を実施したと発表した。訓練海域はフィリピン西側の公海上で、中国が南シナ海に引いた独自の境界線「九段線」の内側という。秘匿性の高い潜水艦の訓練実施を自衛隊が公表することは異例だが、首相は「事実上、訓練は近くの国々も知っている」と述べた
引用元:南シナ海の海自潜水艦訓練で安倍晋三首相「特定の国想定せず」 「15年前から実施」とも - 産経ニュース

 関連記事:
海上自衛隊潜水艦訓練 場所は南シナ海のど真ん中か 中国「不快感」示す - 雪風
海上自衛隊潜水艦、南シナ海で訓練 来月は日中首脳会談 - 雪風

続きを読む

従軍慰安婦はその気があって従軍した 韓国教授が法廷拘束される

授業中に「慰安婦」侮辱発言で罷免された順天(スンチョン)大学教授が懲役6月を言い渡され、法廷拘束された
17日、光州(クァンジュ)地裁順天支院(判事チェ・ドゥホ)によると、慰安婦被害女性の名誉を傷つけたS被告に対して、このような判決を下して先月23日に法廷拘束した。S被告は光州高裁に直ちに控訴した。
             (略)
引用元:授業中に慰安婦を侮辱する発言 韓国人の教授に懲役6カ月 - ライブドアニュース

 

続きを読む

「生活保護減額は不当」 支援団体が審査請求呼びかけ

10月からの生活保護費引き下げを巡り、受給者の支援団体が14日、引き下げは不当として都道府県に減額処分取り消しを求める審査請求を全国の受給者に呼び掛けることを明らかにした。
             (略)
政府は5年に1度、生活保護の受給額を見直している。今回は段階的に生活費相当分が国費ベースで160億円(1.8%)削減され、67%の世帯が最大5%減額される。特に都市部の単身世帯は影響が大きく、厚生労働省の試算で75歳単身者は20年に4000円減の月7万1000円になる。
             (略)
引用元:生活保護:「減額は不当」集団審査請求呼び掛け 支援団体 - 毎日新聞

 審査請求:行政庁に対する不服申立(審査請求 - Wikipedia

続きを読む

YouTube、DHC虎ノ門ニュースの10月5日の未配信番組を規約違反として削除する

             (略)
2018年9月19日、YouTubeDHCテレビが10月5日に放送を予定していた「真相深入り!虎ノ門ニュース」金曜日について、「ガイドラインに違反している」として、ライブ配信予定のページ削除を行いました
これに伴い、YouTubeから科せられたペナルティとして、9月19日配信分の当社番組「DHCキレイを磨く!エクストリームビューティ」のライブ配信が停止されました。
また10月5日を除く、虎ノ門ニュース及び当社制作番組のライブ配信については、問題なく配信できるかどうかは今のところ不明です
             (略)
現在、当社ではYouTubeに対して異議申し立てを行っており、従来どおり番組をライブ配信できるよう鋭意努力しておりますが、YouTubeにてDHCテレビをチャンネル登録して御覧頂いている皆様には、最新番組が表示されない可能性があります。
その場合はDHCテレビの公式ホームページにアクセスすると、最新番組をご覧頂きやすくなりますので、是非DHCテレビ公式ホームページをご活用いただきたく存じます
引用元:DHCテレビYouTubeチャンネルについてのお知らせ | DHCテレビ

続きを読む

台湾で慰安婦像を蹴る仕草について日本の団体代表が謝罪 本人は幹事を辞任

台湾南部、台南市に設置された慰安婦を象徴する少女像に向かって日本人の男性が蹴るような動きをしたとされる問題で、男性が所属していた保守系団体「『慰安婦の真実』国民運動」の加瀬英明代表は12日、同団体のホームページ上で「不快な思いをされた台湾の皆さまに心よりおわび申し上げます」との謝罪文を発表した。
              (略)
加瀬代表は、男性は蹴っていないし、蹴る意図もなかったと主張しているが、画像を見る限り像を蹴るようなそぶりをしたことは明らかで不適切だったとした。また「今回の件で日台の友情が損なわれることを最も憂慮しています」とも指摘した。
男性は11日付で幹事を辞任したという。
引用元:台湾の慰安婦象徴像蹴る動きで日本の団体代表が謝罪 - 社会 : 日刊スポーツ

 関連記事:日本の民間団体代表 台湾慰安婦像を蹴る仕草をし、謝罪を求められる - 雪風

続きを読む

被災者、災害対応の職員に負担を強いるマスコミ 北海道胆振(いぶり)東部地震

胆振東部地震に寄せて
東北大学災害科学国際研究所・定池祐季助教   
             (略)
厚真町役場とその裏手にある避難所周辺には、常に複数の新聞・テレビの取材班がうろうろしている。役場では能動的な情報の発信に努めているが、それでも、職員の災害対応の手を止める記者が後を絶たない
             (略)
生活の場にずかずかと入り込みカメラとマイクを向ける、保護者が見ていないところで、子供に対して、犠牲者の顔写真をLINEで送るように頼むなどのケースが見られたからだ。
             (略)
「被災者の尊厳を守る」ことを忘れた取材は、被災地の真実を表しているとは言いがたい。そういう報道関係者の姿も「2次被害」になっていることに気づいてほしいと願っている
引用元:アノニマスポストネットに掲載された、9月15日室蘭日報より

 関連記事:HTB(北海道テレビ放送)、地震取材中に泥に埋まり消防に救助された件を謝罪 - 雪風

続きを読む